このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 06‐6949-3171

【4期満員御礼】
2022年5期募集予定
理学療法士の技術向上

独立までサポート

理学療法士として独立を目指すなら
療法士育成塾
20年間で1,500人の理学療法士を技術指導!
療法士育成塾では、病院に勤務している理学療法士に、将来独立するための技術と独立ノウハウをお伝えしています。

お知らせ

2021.10.31 4期定員10名の募集を終了しました。
2021.10.8 10月の説明会の募集を開始しました。
2021.10.1 4期の募集を開始しました。
2021.9.11 9月の説明会は満席となりました。
2021.8.8 代表・羽原和則著『10秒関節リセット』(SBクリエイティブ)が出版1周年を迎えました。
2021.9.11 9月の説明会は満席となりました。

療法士育成塾のスキルアップ・サロンについて

集団研修スタイルから、一歩先の個別指導であなたのスキルアップをお手伝いします!

治療者としての療法士の最終目標は、「患者の依頼に応えられるか?」です。中でも多いのが身体の痛み(腰、ひざ、肩首など)に対して「治療、プラン、ゴール」を説明できるかという事です。 「技術向上のステージ」と「効果検証のプロセス」を関連させながら自身の目標に向かってステップアップしていくお手伝いをします。

講座一覧

PM研究室(ビギナーズサロン)Physical Medicine Labo
対象:「関節治療」による痛み改善法を基礎から学びたい療法士向け

有痛性疾患に対する効果的な最新の治療技術を学び、日々研鑽し、上達すれば、腰痛やひざ痛の痛みは手技のみで解決できるようになります。

NPM研究室(スキルアップサロン)New age Physical Medicine Labo
対象:学習中または学習経験のある方
6か月間・10名限定の「3✕3ステップコーチング」で指導します。「3✕3ステップコーチング」とは、従来の研修スタイルの短所を補うために開発した個別の症例を元にした指導スタイルです。
NPMマスター(フォローアップサロン)New age Physical Medicine Master
対象:NPM研究室(スキルアップサロン)の6ヵ月間を修了した方
ケースレポート添削や比較検討会など継続的な成長と独立の準備をサポートしています。複数のクリニックとの契約や独立の方法をお伝えし、すでに独立した理学療法士の情報も共有しています。
NPM研究室(スキルアップサロン)New age Physical Medicine Labo
対象:学習中または学習経験のある方
6か月間・10名限定の「3✕3ステップコーチング」で指導します。「3✕3ステップコーチング」とは、従来の研修スタイルの短所を補うために開発した個別の症例を元にした指導スタイルです。

【満員御礼】
オンライン無料説明会・2022年開催を計画中です。

療法士育成塾では、代表・羽原和則によるオンライン無料説明会を毎月開催しています。定員10名の少人数形式で、個別の質問にもお答えしています。
  • 実施日時:令和3年10月25日(月)19:30~(満席)
         令和3年10月27日(水)19:30~(満席)
         令和3年10月28日(木)20:30~(満席)
  • 登壇者:羽原和則(療法士育成塾代表)
  • 時間:約45分

3✕3ステップコーチングの特徴

【POINT1】
直接手を当てての指導

技術研修講師を始めて20年、約1500人に指導しました。そこで感じたことは、医療技術というのは手から手しか伝わらないということです。直接手を当てて指導することで、スキルアップが可能となります。

【POINT2】
日常の治療の中で実践

技術は教わってすぐにできるものではなく、継続して練習しないと身につきません。ところが多くの方は結果を早急に求めて、研鑽が続かずに諦めます。療法士育成塾では、日常の治療の中での実践をサポートすることで、技術を身に着けるお手伝いをしています。

【POINT3】
症例レポートの添削
理学療法士としての最終目標は「患者の依頼に応えられるか?」です。独立して自分の技術スキルを最大限に生かしていくには、患者の身体の痛みなどの症状の「治療プラン」の説明スキルが必要です。そのために療法士育成塾では、技術スキルだけでなく、症例レポートを通して説明スキルの向上もガイドしています。自分はどの水準にいるのかを明確に指摘してくれるコーチと共に独立への道のりを歩んでいきましょう。
【POINT3】
症例レポートの添削
理学療法士としての最終目標は「患者の依頼に応えられるか?」です。独立して自分の技術スキルを最大限に生かしていくには、患者の身体の痛みなどの症状の「治療プラン」の説明スキルが必要です。そのために療法士育成塾では、技術スキルだけでなく、症例レポートを通して説明スキルの向上もガイドしています。自分はどの水準にいるのかを明確に指摘してくれるコーチと共に独立への道のりを歩んでいきましょう。

参加者の声

外来を担当しており痛みが強い患者や拘縮で可動域制限を持つ患者がほとんどですが、患者を治せないこと、今の自分の治療は正しいのか間違っているのか分からず悩んでいました。

NPM研究室に参加し、 定期的に自分を振り返る機会をいたき、自分のすべきことを明確にすることができました。また、症例報告や改善率を出すことで、自分の足りない部分を発見したり自分の到達地点を確認することができました。その中で「トライアンドエラー」という言葉をいただき、失敗を恐れず挑戦することで、自分の問題点や足りない部分を発見することができ、成長できるのだと学びました。

同じ志を持った全国のメンバーと高いレベルで学ぶことができるのでとてもよかったです。

Mさん(徳島・20代女性)

参加する前は自分の技術で直す事が難しく、そして患者様への説明する際にどの程度治る等の説明が出来ていない部分、知識、技術不足が多々ありとても悩んでいました。

NPM研究室に参加し、実技及び講義を動画でアップしてもらえるので復習がとてもしやすくなりました。

アドバイス等もしっかりしてもらえる為物凄く有難かったです。患者治療で効果が少しずつですが向上できたと思います。

Yさん(岡山・20代男性)

職場等周りでは治療技術についての話ができる人がいないのでNPM研究室でディスカッションできたらと思って参加しました。

今まで積み上げられてこられたことを惜しみなく教えて下さり、新しいことに挑戦しておられほんとすごいです。

本気で技術向上したい方には是非ともおすすめです。

TMさん(大阪・40代女性)

知識の曖昧さ、技術の未熟さがありましたが、治せる療法士になりたいと思い参加しました。

自分自身が悩んでいる点を指導していただき、どのように自分自身の経験を積み上げていくかを学べました。

治せる療法士への道筋を示していただけます。

TKさん(大阪・30代男性)

患者様の主訴に対し、原因や問題点は何か考察する事がうまく出来ず悩んでいました。

実際に参加して、羽原先生の講義はわかりやすく、動画でも詳しく説明をして下さり、その後何度も繰り返し見ることができ、とても勉強になります。苦手であった統合と解釈について詳しく説明をして頂いた事で、羽原先生が普段どのように患者様を見ているのか、どう考え治療に結び付けているのか等、大変勉強になりました。

日々私たちが困っている事を丁寧に教えて下さり、翌日の治療から使えるよう分かりやすく指導をして下さいます。また、質問など個別にも対応をして下さり、とても勉強になります。

Tさん(岡山・20代女性)

今のままの治療技術で良いのか?患者をもっと治すにはどうしたらいいのか?転職するためこのままでいいのかという不安があり参加しました。

理想のために常に前を向き、自己研鑽をされていて羽原先生はすごい。この研修を通じて、いろいろな人に認められるようになりたいと思いました。

お値段以上の考え方や治療、患者の見方を惜しみなく教えていただけるから大変お得です。

Sさん(愛知・30代男性)

技術の精度をあげ、現状では効果がだせてない患者にも効果だせるようにしたいと思い参加しました。

今まで以上に良くならなくて悩んでいる患者さんの役に立てるようになリました。

AOさん(茨城・40代男性)

治療技術、現場で使える知識のアップデートを教科書レベルではなく、実践的に学べる環境を探していました。

参加して理学療法士として、すべき事を改めて明確に出来ました。基礎を何度も復習する必要性を感じました。

訪問看護ステーションのリハ部門の教育に使える内容が満載です。

指導は丁寧で分かるまで教えてくれる、凄く優しい先生です。経験が豊富なので、どんな事例でも、助言をくれます。一度、羽原先生から学べば、続けて学びたくなりますよ。

ARさん(大阪・40代女性)

参加する前は自分の技術で直す事が難しく、そして患者様への説明する際にどの程度治る等の説明が出来ていない部分、知識、技術不足が多々ありとても悩んでいました。

NPM研究室に参加し、実技及び講義を動画でアップしてもらえるので復習がとてもしやすくなりました。

アドバイス等もしっかりしてもらえる為物凄く有難かったです。患者治療で効果が少しずつですが向上できたと思います。

Yさん(岡山・20代男性)

そもそも理学療法士とは?

治療者を目指して理学療法士の道を選んだあなたへ

日本の理学療法士は、開業権がない
理学療法士になって就職しても職場内研修では、患者に変化を出せなく、治療技術も向上しないとのお悩みを良く聞きます。

院外の研修、特に治療技術は、1~2回研修を受けたところで上達はしません。日々自己研鑽も必要です。

そして時間とお金と労力をかけて、治療技術が向上した時に一つ目の壁が立ちはだかります。勤務先のスタンダードから外れ、疎外感を感じるようになリます。

そこで新天地を探して、再就職(別の病院やクリニック)に就職します。

理学療法士の前に来るのは、痛みで困っている有痛性疾患が多くなります。腰痛、ひざ痛、肩痛など。
では、治療技術が向上し、患者に満足のいく治療ができるようになったら、どうすればいいのか?

・自費リハビリへ参入すればいい。
・治療院を持てばいい。それは、週末だけでもできます。
・痛みを治せれば、トレーナーともコラボでき、スポーツ業界にも参入できます。

「時代は自費診療にシフトしてきた!」
整骨院や脳卒中専門の自費リハビリも店舗展開しています。

そこで、6,000人の患者経験から私が実践した患者の痛みを解決できる方法を教えます。

1.自費でも「あなたに診てもらいたい」と言われるためには 
2.患者が訴える痛みの原因は3つしかない 
3.選ばれる療法士になるための3×3ステップとは 
4.技術向上のための3つのステージとは 
5.治療効果を検証のための3つのプロセス 
6.有痛性疾患を制すれば、あなたもNO.1に 
7.「先生、お願いします」と言われる療法士になるためには
これをマスターすれは、活躍のフィールドはさらに広がリます。

https://npm-physicalpro.com/

羽原和則・ヒストリー

ラジオ「ナカシマシローの広告費ゼロでマスコミに出よう!」での収録の一部
●理学療法士になったきっかけ
●衝撃の出会い
●技術研鑽がはじまった
●神の手への道
●整形外科との違いとは
●目からウロコ
●独立
●大きな矛盾に悩む
●在宅診療を始める
●なぜ、触るだけで治るのか
●スポーツ選手の治療
●これからの夢

よくあるご質問

  • Q
    遠方でも参加できますか?
    A

    講義、個別指導などはオンライン(ZOOM)で行いますので、参加可能です。

  • Q
    育成塾の開催日時は?
    A
    平日夜にオンラインでおこなってます。実技は土曜か日曜になります。
  • Q
    参加できない日はどうすればよいですか?
    A

    Facebookグループをつくって、メンバー同士の交流をはかります。参加できない日は後日動画をアップしますのでお役立てください。

  • Q
    実技指導は大阪ですか?
    A

    月1回は、大阪で行っています。当日の模様は動画でアップしますので、ご覧いただけます。参加できない場合は、後日振替えることも可能です。

  • Q
    途中で退会できますか?
    A
    可能です。事前にお申しつけください。
  • Q
    育成塾の開催日時は?
    A
    平日夜にオンラインでおこなってます。実技は土曜か日曜になります。

追伸

過去に技術指導をして、開業した人、団体をつくって弟子を育てている人、スポーツ選手のサポートをしている人などが、巣立っていきました。この機会に、皆さんも次世代型の療法士を一緒に目指しましょう。

追伸

東京と大阪と岡山での診療業務が多忙になってきたので、説明会ならびに第5期開催は、未定です。この機会を逃すことなく、ぜひご参加ください。

追伸

病院にいる間は、効果がなかった症例を集めることも、後々役に立ちます。
・治療しても治らなかった症例を集める。
・過去の自分や失敗例は、のちに上達度のベースとなります。
・手術の相談を受けたときに答えられるようになる。

だれも最初から上手くはいきません。大切なのは「なりたい自分」すなわち目標設定し、研鑽していくというマインドが大切です。

さあ、一緒にはじめましょう!

療法士育成塾

〒540-0003
大阪市中央区森ノ宮中央1-6-19 TNビル6F
TEL 06-6949-3171